ゆるわ

ご予約・お問い合わせは090-2139-0698



インディバケア

岐阜市の緩和~ゆるわ~のインディバケアは身体に優しいエステです。

岐阜市のエステサロン緩和~ゆるわ~のインディバケアは身体に優しいエステです。
身体の内側から温めるインディバケアは身体の表面を温めずに、
短時間で身体の内側から温める事が出来ます。
身体の内側かあら温める事によって、代謝を高めたり、デドックス効果や、免疫力の向上や
クレンジング作用、美肌効果など様々な効果が期待できます。
インディバケアも岐阜市のエステサロン緩和~ゆるわ~にお任せ下さい。

インディバとは

電気メスの発明者であるスペインの物理学者ホセ・カルベット氏により開発された、電磁波エネルギーによる「高周波温熱機器」です。

 

特徴

身体の深部に容量の多いエネルギーを透過し、体表面の温度を上げないで、短時間で深部組織の体内温度を上げることができるシステムです。
昨今流行している温泉浴やサウナ、岩盤浴、ゲルマニウムなどの温熱療法は、熱源を身体の外部に温熱療法で、その熱は体内に浸透することはなく、
皮膚の毛細血管に吸収された熱は、血流によって運搬されるだけであり、わずか数十秒で体外に放散されます。これを「深部加温」とよんでいます。

体の外から温められている(体外熱源)

お風呂で「心から温まった」と思うのは、皮膚の近くの毛細血管に熱が伝わり、温かくなった血が徐々にからだ全体に広がるからです。
つまり、「からだが温まった」というのは錯覚だったのです。

体の内から熱が発生(体内熱源)

インディバ機器から体内に透過する高周波エネルギーが、細胞の分子の移動によって起こる摩擦により熱を発生させます。
この摩擦熱で各組織の温度を一時的に数度上昇(3~7度上昇)させるのです。これをジュール熱といいます。

 

インディバの温熱の仕組み

体内に発生したジュール熱(生体熱)は、血流や細胞間を介して全身に広がり、各組織に加熱された温度は3~4時間保たれ、身体の代謝を促します。
「インディバ」の「深部加温」の秘密とは、二つの異なる電極(「戻し電極」と呼ばれる板状の電極(背中にひく部分)と円形の電極(体に当てる部分)と)で体を挟み、
2つの電極間の体内全域に「ジュール熱」(細胞分子の移動で生じる摩擦熱)を発生させること(CRet System容量・抵抗性電移法)です。
インディバ自体が熱を発しているわけではないのです。
その結果、一時的に体温を3~5度、血流の少ない部位では、7度まで上げることも可能です。

ジュール熱とは

インディバの熱は体内で発生するもので、細胞の分子の移動によって生じる摩擦熱をジュール熱とよんでいます。高周波の電磁エネルギーによって発生しますが、人体に安全な電磁波として証明されています。組織の抵抗が高いところで特に熱を発します。したがって抵抗値の高い関節や、がん病巣を特に温められます。
電子レンジの高周波は約2000メガヘルツですが、インディバは0.448メガヘルツ。生きた細胞にしか熱が発生しないので、手術などにより体内に金属があってもそれらに熱が生じることはありません。

体内で加温する機能を持った機器を「ハイパーサーミア」と呼び、通常ガン治療に使用されています。人間の正常な体温は約36.5度ですが1度下がるとガンが発生しやすいレベルで36度より少し下がるだけでも多くの病気の発生率が上がります。

温熱による基礎的作用




料金表はこちら



緩和 〜ゆるわ〜 〒500-8288 岐阜県岐阜市中鶉6-180-2 B-FLAT180 TEL.058-215-9608

Copyright (C) ゆるわ All rights reserved.