ゆるわ

ご予約・お問い合わせは090-2139-0698



ブログ

2016年07月20日

熱中症対策:危険を回避して脱水症を予防しましょう

海の日とともに梅雨明けしましたが、本当に暑くなってきました。

夏本番、熱中症予防を強化しなければいけない時期ですね。

 

皆さんはいつもどのように脱水症や熱中症を予防されていますか?

 

当店では、毎年「脱水症予防」のひとつとして「黒砂糖」を提供させていただいております。

今年は、与那国島の100%黒糖です。

なかなかの好評判で、おいしいと喜んでいただいています。

去年のよりも甘さが控えめでさっぱりとしていて、特にミネラルが多いのかほんのり塩っぽい味もします。

image

 

暑い夏はビールがおいしい季節ですが、お酒の飲みすぎは寝ている間に汗を促進させることもありますので、朝起きたら脱水症になっている危険が増します。

夜中に目が覚めたら「トイレ」に行くことが最優先になりがちですが、必ず枕元にお水を置いてトイレとセットで水分も補給してあげてください。

脳梗塞や心筋梗塞の危険も高まるといわれています。

 

日ごろから気を付けることとして

☆規則正しく食事をします

(ダイエットなどは栄養素、ミネラルなどのバランスが崩れ熱中症になりやすいです)

 

☆夏の果物や野菜などでミネラル補給を心がけましょう

(クエン酸が豊富といいながら梅干しの食べすぎはかえって危険。適度な塩分補給をお忘れなく)

 

☆水分補給をこまめに。一気飲みは逆効果。麦茶などミネラルを含む水分を取ることもお勧めです

(スポーツドリンクをたくさん飲みすぎるのは砂糖をとりすぎるのと同じこと。お水と割って薄くしながら補給するのもおすすめ)

 

☆クーラーとサーキュレータを組み合わせて節電しながら室内環境を整えましょう

(設定温度は26~28度程度で調整し、サーキュレータで涼しい風を起こさせると良いです。

室温が高すぎると体から知らない間に汗が蒸発して脱水になってしまうこともあります。)

 

☆ぐっすりと眠れる環境

(クーラーをタイマーで夜中に切れると、寝ている間に寝汗をかき寝苦しくて起きることも。睡眠の妨げにより夏バテの原因にもなります。

28度くらいの設定で朝までぐっすり寝れるように調整してみましょう

熱帯夜の場合はサーキュレータも併用するとなおよいです)

 

☆除湿機を使いましょう

(除湿機を使用すると室内温度が高くても冷房の効きがとても良いです。からっとした環境を作りましょう)

 

★天然除湿

(ペットボトルに水を入れて凍らせておきます。湿度が高いお部屋に凍らせたペットボトルを置いておくと、空気中の水分が冷やされてお水に変わります。少し気休めのようですがTVでも放映されていました)

 

☆お出かけの際は熱のこもる服装は避け、吸汗ですぐ乾く素材のものを着るよう心がけましょう

 

☆スポーツをされている方はこまめにお水ではなく、ミネラルを含む水分を定期的に補給しますが、スポーツ終了後も汗が出続けていますので、スポーツの後も十分注意しながら補給してくださいね。私は「黒砂糖」を補給しています。

プロゴルファーの方も「黒砂糖」を補給する方が多いようです

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
Medical care salon 緩和~ゆるわ~
http://www.yuruwa.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:岐阜県岐阜市中鶉 6-180-2 B-FLAT180
TEL:.058-215-9608
E-mail e.yuruwa@yuruwa.com
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



緩和 〜ゆるわ〜 〒500-8288 岐阜県岐阜市中鶉6-180-2 B-FLAT180 TEL.058-215-9608

Copyright (C) ゆるわ All rights reserved.